ニキビができてしまったら

ニキビは小さなものでも顔の中にあると大変気になってしまいます。口元など気になる部分にできてしまうと、つい指先でいじりつぶしてしまうこともあり、それがよけいにニキビをできやすい肌にしてしまうということもあります。ニキビができてしまったら、早目に治療を心がけ、次のニキビができないように気をつけてゆきましょう。
ニキビの予防・治療のための化粧品は市販品だけでもかなり多くのものを見かけることができます。例えば、ピーリング成分であるAHAグリコール酸が配合されているようなタイプです。ピーリングとは肌の角質を「剥ぐ」役割をすることで、力を込めたり何度も繰り返して洗おうとしなくても古い角質を自然に洗い流してくれる大変優れたものです。
また、最近は顔だけでなく体や頭皮の中にできるニキビ対策のためのグッズも多く販売されています。頭皮の中にできたニキビはかゆみなどがあることからかきこわしをしやすく、また炎症などにつながり髪の毛の薄毛や脱毛の原因となってしまうこともあります。シャンプーを兼ねたニキビ防止石けんがあるので、気になる人は探してみるとよいでしょう。
ニキビを短期的に小さくするためのクリームなどもよく見かけます。眠る前につけておくと、夜眠っている間にニキビを小さくしてくれるというものです。ただしこれは効果に個人差が大きいので、自分の肌にあったものを探すようにしましょう。他には体内からのニキビ予防のため、「ビタミンC誘導体」という美肌成分を含んだサプリメントなどもあります。